特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICSTIGER

"TOUR OF JAPAN KYOTO" "LIMITED EDITION"

アシックスタイガー ASICSTIGER GEL-BND NAT/BLK/RED/GLD

創業者である「Kihachiro Onitsuka(鬼塚 喜八郎)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」に始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て日本が世界に誇るスポーツブランドとなった「Asics(アシックス)」。

ブランド黎明期にはトップアスリートに自社製品をアピールする為に様々なスポーツ大会に同氏自らが先頭に立って地道なプロモーション活動を行いながら競技者のニーズを収集する事で製品開発に反映。

そんな当時のコードネームである"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、2008年にはスポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版の「Kirimomi Project(キリモミプロジェクト)」がスタート。

オランダ「Patta(パッタ)」を皮切りに、日本「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」、アメリカ「Alife(エーライフ)」「David Z(デヴィットジー)」、ドイツ「Solebox(ソールボックス)」「Koi Club(コイクラブ)」、フランス「Colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信しました。

その後も「Kith(キス)」を始め、各国のキーアカウントからスペシャルメイクアップとしてのリリースは続き、大きなムーブメントを構築。

2014年Fall/Winterシーズンより「Asics」が誇るアーカイブの一つである「Gel-Lyte(ゲルライト)」シリーズが日本でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年Spling/Summerシーズンから「Asicstiger(アシックスタイガー)」の名を冠して、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ―ションモデルまで幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「Gel-Lyte III(ゲルライト3)」が、2015年に25th Anniversary(25周年)を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「Gel-Lyte III "Trico"(ゲルライト3トリコ)」から世界連動のMonthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)がスタートするや否や世界を席巻しました。

そんな同ブランドの中でも隠れた名作として知られる「Gel-Bondi(ゲルボンディ)」を現代的にアップデートした「Gel-Bnd(ゲルボンディ)」のシーズナルカラーがリリース決定。

1998年にトライアスロンが盛んなオーストラリア限定でリリースされたトライアスロイン専用シューズ「Gel-Bondi」は「ソールユニット」に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「Gel(ゲル)」ユニットを搭載し、多くのアスリートから高い評価を得ました。

そんな「Gel-Bondi」をエレベートさせた「Gel-Bnd」は「アッパー」デザインを継承しながら「ミッドソール」には最新の「EVA(エチレンビニルアセテート)」を使用し「クッション性」を向上させながらボリュームを持たせた特徴的な「ソールユニット」を搭載しチャンキーなシルエットを具現化。

通称"Tour Of Japan Kyoto(ツアーオブジャパンキョウト)"と呼ばれる今作は、日本の古都である"京都"からインスパイア。

「ナチュラル」を基調にしたカラーリングに「ブラック」や「レッド」そして「ゴールド」を細部に配しながら「アッパー」マテリアルには「耐久性」と「軽量性」を兼備した「シンセティックスウェード」や「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」を使用しています。

タウンユースモデルとして、モダンなエレベートを施しながら「Asicstiger」のスタンダードモデルとして期待を集める「Gel-Bnd」。

そんなブランドフィロソフィを体現する名機を足元から体感して見て下さい。

GEL-BND NAT/BLK/RED/GLD

通常価格¥ 10000(税抜)

販売価格 ¥ 10,000 (税抜)

品番1021A237-200

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands