特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

アグ UGG M MITA X WHIZ CLASSIC 805 "WHIZ LIMITED x mita sneakers" CHESTNUT

アグ

1970年代前半に"サーフィンをして海から上がった冷えた足、濡れた足でも直ぐに履く事が出来るブーツ"をコンセプトにオーストラリアのサーファー「Shane Stedman(シェーンステッドマン)」氏によって「吸収性」に優れた「羊毛」を「ライニング(内張り)」に採用する事で濡れた足の乾燥と保温を兼備するべく考案されたシープスキンブーツ。

その後、1978年に同じくオーストラリアのサーファー「Brian Smith(ブライアンスミス)」氏が、オーストラリアで生産販売されていたシープスキンブーツをアメリカに輸入し、カリフォルニアとニューヨークで販売し始めた事を切っ掛けに「Ugg(アグ)」を設立。

その後、アメリカ全土に販売を拡大し老若男女問わずの人気を集め、世界中に多くのファンを生み出しました。

そして、1995年にはアメリカのフットウエアメーカー「Deckers Outdoor Corporation(デッカーズアウトドアコーポレーション)」が「Ugg」を「Brian Smith」氏から買収。

更に1996年には「Shane Stedman」氏が持っていた商標を10000ポンドと「Ugg」のブーツを年間で三足、生涯に亘って提供して貰う事を条件に譲渡したと言われています。

そして、新たに生まれ変わった「Ugg」はアイコニックなクラシックブーツを始め、様々なファッションアイテムをリリースするグローバルライフスタイルブランドとして名を馳せて、常に革新的なスタイルを提案し続けています。

そんな「Ugg」より、ベーシックなスタイルが主流だったストリートシーンに於いてデザインコンシャスなアパレルを提案すべく"Individual Clothing(インディビジュアルクロージング)"をデザインコンセプトにモードやストリートの枠組みを超えたTokyo Street(トウキョウストリート)と言う世界観を構築するデザイナー「Hiroaki Shitano(下野 宏明)」氏が率いる「Whiz Limited(ウィズリミテッド)」と、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデルがゲリラリリース決定。

"トラディショナルとイノベーションの融合"をコンセプトに新規開発した今作の「Classic 805(クラシック805)」は「アッパー」に「Ugg」を象徴するアイコニックなシープスキンブーツをベースにしながらタウンユースを考慮した「ガード(補強)」を採用。

更に昨今のゲリラ豪雨対策等にも対応する事が出来る「Water Proof(ウォータープルーフ)構造」やスムーズな着脱をサポートしながら「Ugg」を着用する際の定番スタイルであるブーツインを容易にする「ジップファスナー」を搭載。

また地表の冷気を遮断するチャンキーな「ソールユニット」には「軽量性」と「衝撃吸収性」を兼備した「EVA(エチレンビニルアセテート)」を採用し「アウトソール」には、抜群の「グリップ性」を確保する「Ugg」独自のテクノロジー「Treadlite By Ugg(トレイドライトバイアグ)」を用いる事で実用的なトラクションとコンフォータブルな履き心地を具現化。

また「プルストラップ」に取り付けられた「レザータグ」には「Ugg」「Whiz Limited」「mita sneakers」の「ロゴマーク」が配され共同開発モデルである事を証明し、其々のフィールドで培ったアイデアを織り交ぜながら伝統と革新を融合しコンテンポラリーに再構築しています。

アイコニックなプロダクトや独創的なデザインで老若男女を問わず高い評価を得る「Ugg」。

そんな同ブランドの新たなアプローチとして誕生した今プロダクトをベースに「Whiz Limited」と「mita sneakers」ならではのアイデアとディテールでブラッシュアップされた逸足を是非、足元から体感して見て下さい。

M MITA X WHIZ CLASSIC 805

通常価格¥ 29000(税抜)

販売価格 ¥ 29,000 (税抜)

品番1108953-CHE

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands