特集ページ
HOME アシックススポーツスタイル ASICS SportStyle

"GEL-LYTE III 30th ANNIVERSARY"

アシックススポーツスタイル ASICS SportStyle GEL-LYTE III OG WHT/ORG/BLK

創業者である「Kihachiro Onitsuka(鬼塚 喜八郎)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から歴史をスタート。

その後「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て、1977年に日本が世界に誇るナショナルスポーツブランドへと成長を遂げる「asics(アシックス)」へと改名。

2015年にはこれまでの歴史に基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現するブランドとして「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠してリスタート。

そして日本のスポーツシーンに於いても大きな節目を迎える2020年より、スポーツシーンとライフスタイルシーンの垣根を取り払いスポーツシーンで培ったテクノロジーをライフスタイルで提案するブランド「ASICS SportStyle(アシックススポーツスタイル)」として更なる飛躍を目指します。

そんな同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇り、2020年に生誕30周年を迎えた「Gel-Lyte III(ゲルライト3)」のシーズナルカラーがリリース。

長距離ランナー向けのパフォーマンスシューズとして開発された「Gel-Lyte III」は、画期的な発想と斬新な機能美で当時のスニーカーシーンに衝撃を与えました。

「クッション性」を追求する事で凌ぎを削ったランニングシューズ市場は徐々に「アッパー」のフィッティングや「シュータン」の形状等に着目。

そんな時代の先駆けとして90年代初期にリリースされ、長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクであるBadlib Syndrome(バッドリブシンドローム)を最小限に抑えながら「シュータン」が左右にズレるのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる等、様々な目的を達成した当時のテクノロジー「Split Tongue(スプリットタン)」を搭載。

更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「Gel(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッション性」も飛躍的に向上。

そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを高次元で組み合わせた事で、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。

そして2020年1月から「Gel-Lyte III」の生誕30周年を記念したスペシャルプロジェクトが始動。

トップバッターとしてリリースされた「asics」のデザイナーとして幾多の名作を輩出し「Gel-Lyte III」のオリジナルデザイナーとしても世界的にも認知されている「Shigeyuki Mitsui(三ツ井 滋之)」氏と「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクター「Shigeyuki Kunii(国井栄之)」がタッグを組んだ珠玉のコラボレートモデル「GEL-LYTE III OG "TRICO 2020"(ゲルライト3オリジナルトリコ2020)」がゲリラリリースされ、大きな話題となりました。

今作は1990年にリリースされたオリジナルシルエット尊重しながらタウンユースに実用的なリノベートを用いてリイシューしつつ、オリジナルカラーを彷彿とさせるカラーパレットを採用する事で当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

更に「軽量性」と「衝撃吸収性」を兼備する「EVA(エチレンビニルアセテート)」を使用した「インソール」を設置する事でタウンユースに実用的なアップデートを加えています。

また生誕30周年を記念した「シューズボックス」を採用。

パフォーマンスモデルとして誕生しながらタウンユースとしても世界的に愛用され「ASICS SportStyle」のスタンダードモデルとして不動の地位を築いた「Gel-Lyte III」。

生誕30周年の節目迎えたエポックメイキングを足元から体感して見て下さい。

GEL-LYTE III OG WHT/ORG/BLK

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格 ¥ 12,000 (税抜)

品番1191A266-101

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands