特集ページ
HOME パトリック PATRICK

パトリック PATRICK PYTHON-P PPL

1892年「西フランス/プソージュ」と言う村で靴職人であった「PATRICKBENETEAU(パトリックベネトー)」が息子達と靴を作り始めた事を起点とするブランド「PATRICK(パトリック)」。

サッカースパイクを中心としたスポーツシューズで高い評価を受け、1980年代にはサッカー「フランス」代表のエース「MICHELPLATINI(ミッシェルプラティニ)」氏にスパイクをサプライするまで成長を遂げます。

その後も「PATRICK」の象徴とも言える「後足部」の「2本ライン」を1972年頃から採用した事を切っ掛けとし、スポーツカテゴリー枠に留まらず「ヨーロッパ」全土のファッショニスタへと人気は拡がりを魅せ、更なる愛用者を増加させました。

同ブランドは1978年より「日本」での本格展開を開始し、実用的な「機能性」は元より"足元のメイクアップ"をコンセプトとしたスタイリッシュなアイテム群はタウンユースの定番として高い人気を継続し続けています。

そんな歴史あるブランドの中から厳選されたマテリアル仕様やカラーリングを落とし込む事で各カテゴリーとは一線を画した独創的なコレクションを展開する「SPECIAL(スペシャル)」カテゴリーからのシーズナルモデル「PYTHON-P(パイソンパンチ)」がリリース。

「PATRICK」の中でも最もシンプルかつクラシカルなテイストとその馴染み深いデザインから幅広いニーズを獲得し定番モデルとなった「PUNCH 07(パンチ07)」をベースにした今作は「アッパー」全体に"ダイヤモンドパイソン"と呼ばれる「リアルレザー」を贅沢に採用し「ヨーロッパ」特有の流れるような細身のシルエットに贅の限りを尽くした仕上がりに。

更にワントーンのシンプルな配色に映える「パイソン柄(蛇)」のカラーコントラストが絶妙なアクセントとなり、ソリッドからカジュアルに至る様々なスタイリングに適応する1足へと昇華されています。

また今モデルは現在のスニーカーシーンでは稀な「日本」で製造されており、細部のディテールにまで「日本」職人の丹精を尽くした技巧、そして数々の拘りが詰め込まれています。

伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつ「PATRICK」のブランドフィロソフィを継承した「PYTHON-P」。

その歴史の重みを継承した名機を是非、足元から体感して見て下さい。

PYTHON-P PPL

通常価格¥ 40000(税抜)

販売価格¥ 40,000(税抜)

品番14099

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands