特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

ルコックスポルティフ le coq sportif LCS T 4000 LEA/SUEDE "LIMITED EDITION" WHT/GRY

1882年にファッションの国「フランス」の「ロミリー・ショエルセーヌ」にて、同国初のスポーツブランドとして創業。

ブランド名にも用いられている「フランス」の国鳥"鶏"をアイコンとしながら、1951年より世界三大ツールの1つ「LE TOUR DE FRANCE(ツールドフランス)」でオフィシャルサプライヤーを務め、1960年代後半から1980年代後半と"130th ANNIVERSARY(130周年)"と言う節目を迎えた2012年にも「LE TOUR DE FRANCE」で使用される栄誉ある"4賞ジャージ"である"マイヨジョーヌ(個人総合優勝)・マイヨヴェール(ポイント賞)・マイヨアポワ(山岳賞)・マイヨブラン(新人賞)"の製作も担当する等、長い歴史に裏打ちされた実績と伝統を誇る「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」。

近年では世界中のキーアカウントとのコラボレーションモデルのリリースを始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がカラーディレクションを手掛けた「EUREKA(エウレカ)」シリーズや「LCS R 900 MT(ルコックスポルティフランニング900MT)」が継続リリースされ脚光を浴びています。

そんな市場の活性化を経て「le coq sportif」より1990年代にリリースされた「TENNIS(テニス)」カテゴリーを代表する名作「LCS T 4000(ルコックスポルティフテニス4000)」のクラシックなディテールとシルエットを継承したシーズナルモデル「LCS T 4000 LEA/SUEDE(ルコックスポルティフテニス4000レザースウェード)」がリリース。

1970年代のテニスを取り巻く環境は敷居が高く、堅苦しいイメージが定着していた為にスポーツブランドに於ける「TENNIS」カテゴリー市場は停滞。

しかし、気軽にプレーが出来る公営施設の充実や初心者でも楽しむ事が出来るラケットの開発と進化によって市場動向が急速に変化し、競技人口も拡大した事で瞬く間に人気スポーツへと発展。

そんな市場拡大に伴って、ランニングシューズに採用する為に開発されたテクノロジーや培ったノウハウを「TENNIS」カテゴリーに流用する動きも見られ、同カテゴリーに於けるスポーツブランドの競争は更に激化して行く事になります。

そんな大きな時代の流れと共に「le coq sportif」も最新のテクノロジーを搭載したテニスジューズの開発に着手。

そして1990年代にリリースされた「LCS T 4000」は、ランニングシューズに採用する為に開発されたクッショニングテクノロジー「DYNACTIF CUSHIONING SYSTEM(ダイナクティフクッショニングシステム)」を流用する事で、複雑な動きを必要とするテニスプレーヤーを納得させる革新的なプロダクトとして高い評価を獲得しました。

今作は「アッパー」マテリアルに質感高い「レザー」と「スウェード」を巧みに配置しながら「シュータン」には「ベンチレーションホール(通気穴)」を施す事で快適な「通気性」を確保する「AEROTOP(エアロトップ)」を採用。

更に「アッパーサイド」と「ヒール(踵)」部には「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツが用いられ、確かな「フィッティング性」を誇るテニスシューズとしての「スタビリティ性」を保持。

また「ミッドソール」には2016年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"の節目を迎えた「DYNACTIF CUSHIONING SYSTEM」を搭載し「クッショニング性」を高めながら、タウンユースに於いても実用的なトラクションを魅せています。

「フランス」生まれならではの独創的な「デザイン性」で老若男女を問わず定評がある「le coq sportif」。

そんなブランドフィロソフィを継承した名作を、今シーズンの様々なスタイルアクセントとして取り込んで見ては如何でしょうか。

LCS T 4000 LEA/SUEDE

通常価格¥ 17000(税抜)

販売価格¥ 17,000(税抜)

品番1620179

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands