特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma DISC SWIFT TECH WM "WHIZ LIMITED × mita sneakers" BLK/GRY/BLU

プーマ

1990年代前半に展開されていた「Puma(プーマ)」が誇るミッドテクランニングモデルの象徴とも言えるテクノロジー「TRINOMIC(トライノミック)」を搭載したシリーズは、1993年にリリースされた「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」の躍進により「Puma」の代名詞へと成長。

その後も数々の名作を世に送り出し続け、現在に至る「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの礎を築きました。

そんな「TRINOMIC」の系譜である「DISC BLAZE」は「アッパー」に搭載された円形の「DISC(ディスク)」を回し、個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"を具現化させた事で話題を集め、その後もカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け「NIKE(ナイキ)」の「HUARACHE FIT SISTEM(ハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」や「Reebok(リーボック)」の「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」等と共にハイテクスニーカーを牽引し、その斬新なデザインは90年代を席巻したスニーカーブーム時に於いて「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」等と共に社会現象を起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また、ハイテクスニーカーブーム以降も「DISC BLAZE」をベースに世界中のキーアカウントやアパレルブランドとのコラボレーションによってフォーカスされ続け、2012年には「DISC SYSTEM」の誕生から"20th ANNIVERSARY(20周年)"を迎えるにあたって、最新テクノロジーである「BIO RIDE(ビオライド)」テクノロジーを搭載し、更なるアップデートを加えてリノベートされた「DISC BLAZE LTWT(ディスクブレイズライトウェイト)」や"FUTURE=未来"の要素を落とし込みアップデートを施した「FUTURE DISC BLAZE LITE(フューチャーディスクブレイズライト)」がリリースされ、2016年には「JAPAN SMU(ジャパンスペシャルメイクアップ)」として提案された「TRINOMIC DISC BLAZE LEATHER(トライノミックディスクブレイズレザー)」やパフォーマンスシーンにイノベーティブな進化を遂げて返り咲いた「IGNITE DISC(イグナイトディスク)」のリリースが話題になる等、時代の流れと共に細やかな進化を加えながら現在に至るまで、世界中のスニーカーフリークから「Puma」のマスターピースとして愛され続けています。

そんな「Puma」が誇るアイコンモデルの1つ「DISC BLAZE」にリノベートを施した初の日本正規展開となるニューコンセプトモデル「DISC SWIFT TECH(ディスクスイフトテック)」をベースに、ベーシックなスタイルが主流だったストリートシーンに於いてデザインコンシャスなアパレルを提案すべく"INDIVIDUAL CLOTHING"をデザインコンセプトにモードやストリートの枠組みを超えた"TOKYO STREET"と言う世界観を構築するデザイナー「下野 宏明(シタノヒロアキ)」氏が率いる「日本」を代表するストリートブランド「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」と、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデル「DISC SWIFT TECH WM (ディスクスイフトテックウィズリミテッドミタスニーカーズ)」がゲリラリリース決定。

2012年に「イギリス」で活躍するファッションデザイナー「HUSSEIN CHALAYAN(フセインチャラヤン)」氏がディレクションを行なった「PUMA by Hussein Chalayan(プーマバイフセインチャラヤン)」にてリリースされ、同プロジェクトの代表作となった「URBAN SWIFT(アーバンスイフト)」。

「サイドパネル」から「ヒール(踵)」に掛けて設置された立体的な「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツは"慌し過ぎる世界からの脱却"をテーマにデザインされ、疾走するスピード感を視覚化。

そんな独創的なデザインを継承し誕生した「DISC SWIFT TECH」をベースにした今作は「WHIZ LIMITED」のオフィシャルショップ1号店である「LUMP TOKYO(ランプ トウキョウ)」のオープン"14th ANNIVERSARY(14周年)"を記念したアニバーサリーモデルとしてリリースされ「WHIZ LIMITED 2017 SPRING/SUMMER COLLECTION(ウィズリミテッド2017スプリング/サマーコレクション)」のシーズンテーマである"RIN(凛)"にフックしたカラーパレットを巧みに配置。

「アッパー」には上質な「スウェード」と「レザー」そして「通気性」に優れ、網目の異なる「スポーティーメッシュ」更には「パイソン柄(蛇)」を模した「エンボスレザー(型押し)」を使用し、特徴的なシルエットに独創的なエッセンスを注入して具現化。

また「アウトソール」は、昼夜別の表情を魅せる「GLOW IN THE DARK(グローインザダーク)」仕様に仕上げています。

更に「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化し「オープンセルポリウレタン」を採用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「インソール(中敷き)」を設置する事でコンフォータブルな履き心地を提供。

その「インソール」にはオフィシャルコラボレーションを証明する「Puma」「WHIZ LIMITED」「mita sneakers」の「ロゴマーク」を配し、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映しています。

独創的な発想でこれまでにも「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんな同ブランドの歴史を反映しながら進化を続ける名機に「WHIZ LIMITED」と「mita sneakers」のアイデンティティを紡ぎ上げた今作からコラボレーション本来の意味や意義を感じ取って見て下さい。

DISC SWIFT TECH WM

通常価格¥ 22000(税抜)

販売価格¥ 22,000(税抜)

品番363059-01

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands