特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma CELL ENDURA "LIMITED EDITION for CREAM" WHT/BLK/GRN

先鋭的な視点で開発された数々のプロダクトを世に送り出すと共に、コレクションブランドとスポーツブランドとの協業を仕掛けた先駆者としてスペシャルラインを発表し、スポーツとファッションの架け橋としても重用な役割を担って来た「Puma(プーマ)」。

そんな同ブランドの「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの中でも1990年代のクッショニングテクノロジーとして「ハニカム構造」で形成されたクッション材が衝撃を吸収し拡散する「CELL(セル)」を搭載し、1998年にリリースされ、20th ANNIVERSARY(20周年)を迎えた玄人好みの名作「CELL ENDURA(セルエンデューラ)」のオリジナルカラーが世界連動プロジェクト「CREAM(クリーム)」より、ゲリラリリース決定。

"ENDURANCE(持久力、耐久力)"をプロダクトネームに、1998年に「CELL」シリーズの最上位機種として誕生した「CELL ENDURA」は、トレッキングシューズから着想を得た独創的な「アッパー」デザインを採用しながら「ソールユニット」には、当時「Puma」の最新テクノロジーであった「TRINOMIC(トライノミック)」にも採用されている「ハニカム構造」で形成されたクッション材が衝撃を吸収し拡散する「CELL」を搭載する事で「衝撃吸収性」は勿論、障害防止機能に効果を発揮する優れた「安定性」と「耐久性」を高水準で体現し、スポーツシーンに留まる事無くタウンユースとしても高い評価を獲得しました。

今作の「アッパー」マテリアルには、クリーンな印象の「スムースレザー」と「耐久性」に優れた「デュラバック」そして「通気性」に優れる「ナイロンメッシュ」や、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに配しながら、カラーリングには1998年にリリースされたオリジナルカラーを採用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

これまでにも独創的な発想で「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんなブランドフィロソフィを反映した「CELL」シリーズのヒストリーを体現する今作を足元から体感して見て下さい。

CELL ENDURA

通常価格¥ 14800(税抜)

販売価格¥ 14,800(税抜)

品番369357-01

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands