特集ページ
HOME プーマ Puma

SALE!

プーマ Puma CELL ENDURA "KA LIMITED EDITION" GRY/BLK/YEL/WHT

独自のテクノロジーを搭載したプロダクトを送り出すと共に、コレクションブランドとスポーツブランドの協業を仕掛けた先駆者として、スポーツとファッションの架け橋としても重用な役割を担った「Puma(プーマ)」。

そんな同ブランドのRunning(ランニング)カテゴリーの中でも1990年代のクッショニングテクノロジーとして「ハニカム構造」で形成されたクッション材が衝撃を吸収し拡散する「Cell(セル)」を搭載し1998年にリリースされ、2018年に復刻を果たした玄人好みの名作「Cell Endura(セルエンデューラ)」のシーズンスポットカラーが追加リリース決定。

"Endurance(持久力、耐久力)"をプロダクトネームに「Cell」シリーズの最上位機種として誕生した「Cell Endura」。

"トレッキングシューズ"から着想を得た独創的な「アッパー」デザインを採用しながら「ソールユニット」には、衝撃を吸収し拡散するクッショニングテクノロジー「Trinomic(トライノミック)」の「ハニカム構造」面積を拡大した「Big Cell(ビッグセル)」を搭載した事で「衝撃吸収性」は勿論、障害防止機能に効果を発揮する優れた「安定性」と「耐久性」を飛躍的に進化させ、スポーツシーンに留まる事無くタウンユースとしても高い評価を獲得。

また「Puma」の長い歴史の中でも1996年Fallシーズンから1998年Springシーズンまでの二年間のみ使用され、当時普及し始めたパーソナルコンピュータの"デスクトップアイコン"からインスパイアされた「Icon Logo(アイコンロゴ)」を使用する等、時代を反映するデザインで一部のコアなファンを惹き付けました。

その後の2018年には、世界中のコンテンポラリーファッションからストリートカルチャーまでを幅広くピックアップし発信するオンラインメディア「Hypebeast(ハイプビースト)」がアメリカ/ニューヨークにて開催した「Hypefest(ハイプフェスト)」に於いて「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がディレクションした「Cell Endura "Stealth" "Hypefest Exclusive"(セルエンデューラステルスハイプフェストエクスクルーシブ)」がゲリラリリースされ、大きな注目を集めたのも記憶に新しい所です。

そんな「Cell Endura」をフィーチャーした今作のカラーリングには「グレー」「ブラック」「イエロー」のカラーコンビネーションを用いつつ「アッパー」マテリアルには「通気性」に優れる「ナイロンメッシュ」と上質な「スウェード」や「スムースレザー」そして、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を採用。

また「安定性」に優れた「Big Cell」との相性を考慮し「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した最新フォーム「CM EVA(シーエムエチレンビニルアセテート)」を融合した「ソールユニット」を搭載する事で、オリジナルデザインを活かしながらライフスタイルスニーカーとしての実用的なアップデートを加えています。

これまでにも独創的な発想で「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんなブランドフィロソフィを反映した「Cell」シリーズを様々なスタイルの足元に取り込んで見ては如何でしょうか。

CELL ENDURA

通常価格¥ 14800(税抜)

販売価格 ¥ 11,100 (税抜)

品番369357-02

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands