特集ページ
HOME ナイキ NIKE

"LIMITED EDITION for NONFUTURE"

ナイキ NIKE AIR MAX I QS (PS) "AIR MAX I 30th ANNIVERSARY" WHT/RED/GRY

1978年「NIKE(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「AIR(エア)」を初搭載し、開発された「TAILWIND(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「AIR」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°AIR(360度エア)」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」そして、毎年イノベーティブなニューモデルがリリースされる等「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を発表。

最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」や「NO SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕"40周年"を彩るスペシャルプロジェクトとして大きな話題となりました。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「AIR MAX 95 PROTOTYPE(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「AIR MAX LIGHT PREMIUM QS 鮭児(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

そして、2015年には「AIR MAX I」のCMがスタートしたとされる"3月26日"を祝う"AIR MAX DAY(エアマックスデー)"に、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「AIR MAX ZERO QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し話題となりました。

そんな2017年に生誕"30th ANNIVERSARY(30周年)"を迎えた事を記念してオリジナルディテールを可能な限りで再現し完全復刻を果たした「AIR MAX」シリーズの初代である「AIR MAX I」からテイクダウンモデル「AIR MAX I QS PS(エアマックス1クイックストライクプレスクール)」が「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアされ「AIR」のビジブル化に成功したエポックメイキングであり、現在でも時代の流れと共に細やかな進化を加えながら、世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けている「AIR MAX I」のファーストカラーを踏襲した今作は「シュータン」に「AIR MAX I」のCMがスタートしたとされる"3月26日"を表す"3.26"の「フォント(文字)」を採用。

大事なお子様に快適な時間を提供する為のご自宅用は勿論、贈答用としても幅広くフィットするモデルとなっています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけでは無くストリートに於いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。

その歴史の重みを継承しながら次世代に繋ぐ今作をこの機会にチェックして見て下さい。

AIR MAX I QS (PS)

通常価格¥ 7500(税抜)

販売価格¥ 7,500(税抜)

品番919891-101

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands