特集ページ
HOME リーボック Reebok

リーボック Reebok ZOKU RUNNER ULTK IS "FREEBANDZ" BLK/WHT

1982年にリリースされ、空前のエアロビクスブームと相まって爆発的なヒット商品となった「FREE STYLE(フリースタイル)」を皮切りに「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を搭載した「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」や「エアチェンバー」内の空気が体重の移動により流動する事でスムーズな足運びをサポートすると共に、類い稀な「反発性」と「クッショニング性」を発揮する「DMX(ディーエムエックス)」等、各時代ごとに新たなコンセプトやテクノロジーを搭載したニューモデルを発表し、市場に送り出して来た「Reebok(リーボック)」。

様々なプロダクトを市場に投下すると共に、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、スポーツとファッションの架け橋としての重用な役割を担って来ました。

そんな同ブランドのランニングヘリテージを継承し最新テクノロジーを融合した新たなコンセプトモデル「ZOKU RUNNER ULTK(ゾクランナーウルトラニット)」から「アメリカ」の「アトランタ」を拠点に活動するヒップホップアーティスト「Future(フューチャー)」氏が中心となり結成した音楽レーベル「FREEBANDZ(フリーバンズ)」が提案するエクスクルーシブモデルがリリース決定。

今プロダクトは"日本は人・カルチャー・ファッションの全てに於いてとてもインスピレーションを受ける国"と言う理由から「Reebok」のヘッドクォーターに勤務する「日本」出身者がプロダクトネーミングを決定する際のブレインストーミングミーティングに召集され"To Be Continued=続く"と言うキーワードを挙げた事で、ブランドのDNAを引き継いだプロダクトが次世代へと継承される事を願い"続(ゾク)=ZOKU"と命名。

これまで世に送り出して来た数多くのアーカイブを紐解き、70年代からは1979年にリリースされた「AZTEC(アズテック)」の象徴でもある「サイドパネル」の「ベクターマーク」、80年代からは1983年にリリースされた「CL LEATHER(クラシックレザー)」に使用されている「サイドパネル」の「ロゴ」デザイン、そして90年代からは1991年にリリースされた「PUMP RUNNING DUAL(ポンプランニングデュアル)」の「ヒール(踵)」デザインを採用。

「アッパー」には足を包み込む様な「コンフォート性」を齎しながら、高い「軽量性」と「通気性」を誇る独自開発のデジタルニッティングテクノロジー「ULTRAKNIT(ウルトラニット)」を使用し、上記の名作を過去から現在、そして未来へとエレベートしながら織り込んで行く意味合いを込め具現化。

更に「DMXFOAM(ディーエムエックスフォーム)」を使用する事で優れた「クッショニング性」と「安定性」を具現化した「ソールユニット」に加えて「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した「オープンセルポリウレタン」を採用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「インソール(中敷き)」を設置する事でコンフォータブルな履き心地を提供。

今作はカラーリングにシンプルなモノトーンカラーを用いながら「ヒール(踵)」には夜間の「視認性」に特化する「リフレクター(反射材)」を採用。

更に「シュータン」「ヒールタブ」「ヒール(踵)」「インソール(中敷き)」には「FREEBANDZ」の「ロゴマーク」や「オリジナルグラフィック」を配置する等、エクスクルーシブモデルならではのディテールが細かな部分まで反映されています。

「THE PUMP TECHNOLOGY」等、各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを継承した「ZOKU RUNNER ULTK」。

その歴史の重みを継承しながら「FREEBANDZ」ならではのアプローチを付加し、新たな「可能性」を詰め込んだ逸足を足元から体感して見て下さい。

ZOKU RUNNER ULTK IS

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格¥ 16,000(税抜)

品番BD5852

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands