特集ページ
HOME リーボック Reebok

リーボック Reebok 58 BRIGHT ST DMX BETA 10 "LIMITED EDITION for 58 BRIGHT ST" BGE/WHT/RED

1982年にリリースされ、空前のエアロビクスブームと相俟って爆発的なヒット商品となった「FREE STYLE(フリースタイル)」を皮切りに「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を搭載した「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」や「AIR CHAMBER(エアチェンバー)」内の空気が体重の移動によって流動する事でスムーズな足運びをサポートすると共に、類い稀な「反発性」と「クッショニング性」を発揮する「DMX(ディーエムエックス)」等、各時代ごとに新たなコンセプトやテクノロジーを搭載したニューモデルを発表し、其々のフィールドに送り出して来た「Reebok(リーボック)」。

前衛的で画期的なプロダクトを数多く市場に投下すると共に、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、スポーツとファッションの架け橋としても重用な役割を担って来ました。

「エナジェア」の名称でウォーキングシューズのクッショニングテクノロジーとして開発され「DMX」に昇華された同テクノロジーは、1997年にリリースされた「DMX RUN 10(ディーエムエックスラン10)」の発表を皮切りにカテゴリーを拡大しながら継続進化。

そんな「DMX RUN 10」は、ハイテクスニーカーブームを牽引するエポックメイキング達とも肩を並べ、世界的ファッションブランド「ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダーマックイーン)」の創始者である同氏がキャットウォーク時に着用し話題を集める等、その近未来的なデザインがシリアスランナーだけでは無くファッションシーンに於いても高い評価を受け好調なセールスを記録しました。

そんな更なる飛躍が期待される名作をベースに、数々の革新的なデザインやテクノロジーを世に送り出して来た「Reebok」の原点を辿りながら、新たなコンセプトを融合したプロダクトを生み出す為に2016年に始動したプロジェクト「58 BRIGHT ST(58ブライトストリート)」からのニューコンセプトモデル「58 BRIGHT ST DMX BETA 10(58ブライトストリートディーエムエックスベータ10)」がゲリラリリース決定。

同ブランドの前身である「FOSTER(フォスター)」から社名を「Reebok」へと変更し、新たなスタートを切った1958年。

その際に「Reebok」のオフィスが在った番地である"58"、そして当時工場があった「イギリス中部」の「BERRY(ベリー)」にある"BRIGHT STREET(ブライトストリート)"を組み合わせて命名された新たなプロジェクト「58 BRIGHT ST」。

そんな同プロジェクトからリリースされる今作は「アッパー」に上質な「スウェード」と「エラスティック」を採用し"サイドゴアブーツ"からインスパイアされたクラシックな機能デザインを採用。

そして、ホールド感をセルフカスタマイズを可能にする「ロープレース」を設置しながら「ソールユニット」には、クッショニングテクノロジー「DMX」を採用し、タウンユースに実用的な「コンフォート性」を発揮。

また「オープンセルポリウレタン」を採用し「通気性」や「防臭性」に優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「インソール(中敷き)」には、表面に「シンセティックスウェード」を配し「58 BRIGHT ST」の「ロゴマーク」を「刺繍」で刻印。

更にスペシャル仕様の「シューズボックス」を採用する等、今プロジェクトならではのディテールの数々を施しています。

各時代に新たなテクノロジーを投下して来た「Reebok」の歴史を巡りながら、温故知新をプロダクトに反映したプロジェクト「58 BRIGHT ST」。

そんな同プロジェクトから誕生し、ブランドフィロソフィを高次元で融合した逸足を足元から体感して見て下さい。

58 BRIGHT ST DMX BETA 10

通常価格¥ 26000(税抜)

販売価格¥ 26,000(税抜)

品番BS7057

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands