特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX 95 "FRESH MINT" "LIMITED EDITION for NSW" GRY/WHT/BLK/M.GRN

1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「Air」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツのカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には最新テクノロジーを「Air Max」シリーズの名作達に融合させたWhat The Max Pack(ホワットザマックスパック)を始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「Air Max 95+ BB "Neo Escape 2.0"(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕40th Anniversary(40周年)を彩るスペシャルプロジェクトが話題に。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「Air Max 95 "Prototype"(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「Air Max Light Premium QS "鮭児"(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「Air Max」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇り、2015年に迎えた生誕20th Anniversary(20周年)を経て、更なる飛躍を遂げる「Air Max 95」のシーズナルカラーがリリース決定。

1995年にリリースされ、世界中のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り拡げられた名品「Air Max 95」。

このムーブメントは日本のストリートシーンから世界中へと拡散され、世界から見た東京スニーカーカルチャーのポジションを確固たる地位に引き上げたモデルと言っても過言ではありません。

また機能面に於いても「前足部」には、歴代シリーズで始めて「Visible Fore Foot Air(ビジブルフォアフットエア)」を配置し「後足部」には「Multi Chamber Air(マルチチャンバーエア)」を採用。

フルレングスでの「Visible Air(ビジブルエア)」化を成功させ抜群の「安定性」と「クッショニング性」を確立。

デザインを担当した「Sergio Lozano(セルジオロザーノ)」氏は"人体"をデザインモチーフとし「ソールユニット」に内蔵した「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツで"背骨"を表し、当時革新的だった「グラデーション」部分では"筋肉"を表現。

更にランニングシューズらしからぬ「ネオンイエロー/グレーグラデーション(通称イエローグラデ)」の斬新なカラーリングと「ブラック」の「ミッドソール」を採用する等、スニーカー業界で囁かれていたタブーやジンクスを見事に打ち破り、その先鋭的なデザインは称賛され続けています。

また近年では、当時絶大な人気を誇ったファッション誌、Boon(ブーン)のスニーカームックであるエアマックス完全制覇351にて紹介され、スニーカーフリークの間で話題となった幻のカラーリングを忠実に踏襲し「mita sneakers」との共同企画として誕生した「Air Max 95 Prototype」を始め、毎シーズン様々なカラーバリエーションがリリースされ世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けています。

通称"Fresh Mint(フレッシュミント)"と呼ばれる今作は「Air Max 95」の中でも圧倒的な人気を誇る通称"Yellow Gradation(イエローグラデーション)"のカラーブロッキングをベースに「ミントグリーン」に置き換えて再構築しながら「サイドパネル」のグラデーション最上部は「耐久性」を考慮した「ダブルステッチ」を用いつつ、1997年の復刻版から記載が無くなっていた「TPU」パーツに「AIR」の気圧表記を再表示する等、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のフィロソフィを受け継ぎ、スポーツシーンやスニーカーカルチャーだけでは無く、様々なサブカルチャーに多大な影響を及ぼした「Air Max」シリーズ。

ヒストリーを体現しながら、新たな付加価値を放つ今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX 95

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格 ¥ 16,000 (税抜)

品番CD7495-101

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands