特集ページ
HOME ナイキ NIKE

"ON-AIR:TOKYO/YUTA TAKUMAN" "LIMITED EDITION for NONFUTURE"

ナイキ NIKE AIR MAX 1 OA YT "TOKYO MAZE" WHT/BLK/MULTI

1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「Air」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツのカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には最新テクノロジーを「Air Max」シリーズの名作達に融合させたWhat The Max Pack(ホワットザマックスパック)を始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「Air Max 95+ BB "Neo Escape 2.0"(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕40th Anniversary(40周年)を彩るスペシャルプロジェクトが話題に。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「Air Max 95 "Prototype"(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「Air Max Light Premium QS "鮭児"(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

ニューヨーク・ロンドン・パリ・ソウル・上海・東京にて2018年3月に"自分の街・コミュニティをイメージしたAir Max"をデザインするワークショップ「On-Air(オンエア)」が開催され、6都市18人のファイナリストの中から東京代表として選出された「Yuta Takuman(宅万 勇太)」氏の「Air Max 1 Oa Yt "Tokyo Maze"(エアマックス1オンエアユータタクマントウキョウメイズ)」がリリース決定。

「Air Max」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「Air Max 1」は1987年にシューズデザイナー「Tinker Hatfield(ティンカーハットフィールド)」氏の手により「Air」を内蔵するシューズデザインを探求しパリにある建築物「Centre Pompidou(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアされ「Air」のビジブル化に成功したエポックメイキングであり、現在でも時代の流れと共に細やかな進化を加えながら、世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けている逸足。

そんなエポックメイキングをベースにした今作は"Tokyo Maze(トーキョーメイズ)"の愛称が付けられ"迷路のように入り組んだ東京の路線図とアイコニックな東京タワー"をテーマにデザイン。

自身が捉えた東京の特徴を表現したいと考えた「Yuta Takuman」氏は、地下鉄が地中深くまで張り巡らされ複雑に入組んでいる東京その物を"迷路"に準え「アッパー」にはカラーリングを反転させアシンメトリー(左右非対称)で表現し「メイズパターン(迷路柄)」を「プリント」や「エンボス(型押し)」で施した「レザー」を採用。

また"東京メトロの路線図"からインスパイアされた「ファーストシューレース」の他に四種類の「エクストラシューレース」が付属し、更には「ワッペン」仕様の「シュータンラベル」は、自由な付け替えを可能とした三種類のオプションが付属する等、ユーザーの好みに合わせて更なるアレンジを加える事が可能。

「クリアアウトソール」から覗く「ミッドソール」下部には"Tokyo Maze"のフォントを配し「Air」の内部は"東京タワー"をイメージした「レッド」を採用する等、随所にデザインテーマを反映させています。

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のフィロソフィを受け継ぎ、スポーツシーンやスニーカーカルチャーだけでは無く、様々なサブカルチャーに多大な影響を及ぼした「Air Max」シリーズ。

ヒストリーを継承しながら進化の歴史を体現する名作をベースに「Yuta Takuman」氏が思い描く東京を表現した今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX 1 OA YT

通常価格¥ 15000(税抜)

販売価格 ¥ 15,000 (税抜)

品番CI1505-001

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands