特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

"LIMITED EDITION for KAZOKU"

ミズノ MIZUNO MONDO CONTROL OG  WHT/E.GRN/NVY/ORG/BLK

1906年に創業者「Norihachi Mizuno(水野 利八)」氏がスポーツ用具店「水野兄弟商会(ミズノキョウダイショウカイ)」を開業した事でその歴史をスタート。

洋品雑貨や野球ボール等を販売しながら運動服装オーダーメイドを開始し、1913年に野球グラブや野球ボールの自社製造を開始した事により、様々なスポーツ用具の製造販売に注力。

1942年には社名を現在の「Mizuno(美津濃)」へと変更し現在に至ります。

創業から110年以上が経過した現在も技術革新とクラフトマンシップを融合し、伝統の中で生まれて来たプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げる事を創業理念として守り続け、開発されたプロダクトは多くのアスリートから信頼を得るだけでは無く一般ユーザーにまで拡がり、今や日本が世界に誇るスポーツブランドの一つとして確固たる地位を築き上げています。

また、2016年以降には革新の伝統の中で誕生したプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げた「Mizuno Sports Style(ミズノスポーツスタイル)」がスタート。

その後の2018年には未来に向けて統一されたビジョンを展開し、様々なプロジェクトを通して新しい価値を創造をして行ける世界中のキーアカウントとパートナーシップを構築して行くと言う想いを元に日本語の"家族"から命名されたグローバルプロジェクト「Kazoku(カゾク)」が始動。

世界連動プロジェクトのトップバッターとして「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との初コラボレートモデル「Wave Rider 1 "No Border"(ウエーブライダー1ノーボーダー)」が瞬く間に完売になる等、スニーカーシーンに新風を巻き起こしています。

そんな「Mizuno」のグローバルプロジェクト「Kazoku」から、1995年に誕生したランニングシューズ「Mondo Control(モンドコントロール)」のディテールを忠実に再現しながら「ミッドソール」に最新の「Foam(フォーム)」を用いる事で見えないアップデートを施したリイシューモデル「Mondo Control OG(モンドコントロールオリジナル)」からセカンドカラーが復刻リリース決定。

1993年から「Mizuno」のランニングシューズを象徴するシリーズとして豊富なバリエーションを揃えグローバル展開され「スタビリティ性」を重視した「Mondo(モンド)」シリーズの第三弾として、1995年に誕生したランニングシューズ「Mondo Control」。

「アッパー」には「通気性」に優れた「ラッセルメッシュ」をベースに、足を包み込む「フィット性」とシューズ内の「通気性」を考慮した「I.S.F(インターナルソックフィットシステム)」を搭載。

「ソールユニット」には「Mizuno Wave(ミズノウェーブ)」の前身で1987年にリリースされた「Air Genova(エアジェノバ)」に搭載されていた「Magical Cross Midsole(マジカルクロスミッドソール)」から進化を果たし「衝撃吸収性」に「反発弾性」を加えた「Energy Return Concept(エナジーリターンコンセプト)構造」と言われる「Transpower System(トランスパワーシステム)」を採用。

「ミッドソール」に於いてもオーバープロネーションを抑制しながら足の動きを補正する為に「Medial(内側)」の硬度を上げつつ「Lateral(外側)」は「クッション性」を重視し硬度を下げ、コンパウンドの異なる二層構造の「EVA(エチレンビニルアセテート)」を採用した「2 Density Midosole(2デンシティミッドソール)」を搭載。

更に「前足部」に掛けて設置された「プレート」が「反発性」をアップさせつつ「後足部」の形状をラウンド型にする事により着用時のフィット感を高めながら「中足部」までセパレートしながら設置された「スタビライザー」であり、横振れや捩れの防止を促す「Dynamic Foot Counter(ダイナミックフットカウンター)」を採用しています。

また「Kazoku」プロジェクトから世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのコラボレートモデルがリリースされる等、大きな話題を集めています。

今作のリイシューモデルはオリジナルモデルで使用していたテクノロジー「2 Density Midosole」を敢えて使用せず「ミッドソール」に最新の「Foam」を用いてカバーしている為、配色のみで表現し「衝撃吸収性」「反発弾性」「軽量性」を更に向上させる事でタウンユースに実用的なアップデートを齎しています。

また「シュータン」には現在では使用されなくなった「Word M(ワードミズノ)」を採用。

カラーリングには1995年にリリースされたセカンドカラーを採用し、時代を象徴するスポーティーなルックスで当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

スポーツの分野に於いて100年以上に亘って革新的な取り組みを進め、スポーツスタイルに於いても次の時代をリードする存在として注目を集める「Mizuno」。

そんな日本が誇るスポーツブランドの現在進行形で進化を魅せるシリーズの原点を足元から体感して見て下さい。

MONDO CONTROL OG  WHT/E.GRN/NVY/ORG/BLK

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格 ¥ 16,000 (税抜)

品番D1GA193535

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands