特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

ミズノ MIZUNO WAVE RIDER 1 "24Karats x mita sneakers" OLV/BLK/ORG

ミズノ

1906年に創業者「Norihachi Mizuno(水野 利八)」氏がスポーツ用具店「水野兄弟商会(ミズノキョウダイショウカイ)」を開業した事でその歴史をスタート。

洋品雑貨や野球ボール等を販売しながら運動服装オーダーメイドを開始し、1913年に野球グラブや野球ボールの自社製造を始めた事により、様々なスポーツ用具の製造販売に注力。

1942年には社名を現在の「Mizuno(美津濃)」へと変更し現在に至ります。

創業から110年以上が経過した現在も技術革新と技能や技巧を融合し、伝統の中で生まれて来たプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げる事を創業理念として守り続け、開発されたプロダクトは多くのアスリートから信頼を得るだけでは無く一般ユーザーにまで拡大し、今や日本が世界に誇るスポーツブランドの一つとして確固たる地位を築き上げています。

また、2016年以降には革新の伝統の中で誕生したプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げた「Mizuno Sports Style(ミズノスポーツスタイル)」がスタート。

その後の2018年には未来に向けて統一されたビジョンを展開し、様々なプロジェクトを通して新しい価値を創造をして行ける世界中のキーアカウントとパートナーシップを構築して行くと言う想いを元に日本語の"家族"から命名されたグローバルプロジェクト「Kazoku(カゾク)」が始動。

世界連動プロジェクトのトップバッターとして「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との初コラボレートモデル「Wave Rider 1 "No Border"(ウエーブライダー1ノーボーダー)」が瞬く間に完売になる等、スニーカーシーンに新風を巻き起こしています。

そんな「Mizuno Sports Style」の名作をフィーチャーしながらブランドコンセプトに"Street Sports(ストリートスポーツ)"を掲げ、1990年代のヒップホップやダンスカルチャーを根底にしたスタイルを提案している日本発のストリートブランド「24karats(トゥエンティーフォーカラッツ)」と、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「Shigeyuki Kunii(国井栄之)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのトリプルコラボレートモデルがゲリラリリース決定。

1997年に「Mizuno」が誇る革新的なテクノロジー「Mizuno Wave(ミズノウエーブ)」を初めて搭載したパフォーマンスシューズとして発表された初代「Wave Rider(ウエーブライダー)」は瞬く間に世界のランナーから注目を集め、その後も「Wave Rider」シリーズとして継続進化を続ける事で現在もその最新作は世界中のシリアスランナーから愛用されています。

また「Mizuno Wave」のルーツは、1987年にリリースされた「Air Genova(エアジェノバ)」に搭載されていた「Magical Cross Midsole(マジカルクロスミッドソール)」へと遡り、このテクノロジーは波型の「ミッドソール」に「ファブリック(不織布)」を挟み込んだ構造「Parallel Wave(パラレルウェーブ)」を採用。

そこから飛躍的な進化を遂げ、スポーツを行う際に必要不可欠な「安定性」と「衝撃吸収性」と言う二律背反の機能を兼ね備えたテクノロジーとして「Mizuno Wave」が誕生し、現在は様々なスポーツカテゴリーのパフォーマンスシューズに搭載されています。

そんな「Mizuno」から、初代「Wave Rider」のディテールを緻密に再現しながら「ミッドソール」に最新の「Foam(フォーム)」を用いる事で見えないアップデートを施した「Wave Rider 1(ウエーブライダー1)」をベースにした今作は"Military(ミリタリー)"をテーマにしたカラーパレットを基調としながら差し色としてネオンカラーを配置。

「アッパー」マテリアルには「耐久性」に優れた「スウェード」を「ガード(補強)」に配しながら「通気性」と「防護性」を兼ね備えた「ダブルラッセルメッシュ」を用いつつ「パイピイング」には、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(回帰反射板)」を散りばめています。

また「トゥガード(爪先補強)」には「Lateral(外側)」に「Runbird Line(ランバードライン)」そして「Medial(内側)」の左右其々に「24karats」が拠点とする中目黒と「mita sneakers」が店舗を構える上野のロケーションコード、更に「後足部」にはステーションコードを示す"01(中目黒)"と"17(上野)"が鎮座。

そして「サイドパネル」の「Runbird Line」を付け替え可能な「面ファスナー」にしてカラーオプションを付属し、特徴的な「プルストラップ」には「24karats」の「ロゴマーク」がリピートで刻印される等、コラボレートモデルならではの様々なギミックが詰め込まれています。

更に「インソール」には「mita sneakers」のアイコンである「Chain Link Fence(金網)」そして"Tokyo Custom Made"を意味する「東京改」が施されながら「Mizuno」と「24karats」そして「mita sneakers」の「ロゴマーク」が配され、オフィシャルコラボレートモデルである事を証明。

また、今回はコラボレートモデルにフックしたアパレルコレクションも同時リリースされます。

スポーツの分野に於いて100年以上に亘って革新的な取り組みを進め、スポーツスタイルに於いても次の時代をリードする存在として注目を集める「Mizuno」。

そんな日本が誇るスポーツブランドの現在進行形で進化を魅せるシリーズのエポックメイキングをベースに「24karats」と「mita sneakers」ならではのアイデアとディテールでブラッシュアップされた逸足を是非、足元から体感して見て下さい。

WAVE RIDER 1

通常価格¥ 18000(税抜)

販売価格 ¥ 18,000 (税抜)

品番D1GD203135

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands