特集ページ
HOME リーボック Reebok

SALE! "LIMITED EDITION"

リーボック Reebok FURY DMX TXT "INSTAPUMP FURY 25th ANNIVERSARY"  GLD/BLK

1989年にリリースされた「The Pump(ザポンプ)」は、足を空気で包み込む「Air Chamber System(エアチェンバーシステム)」によって個人の足形に合わせたセルフカスタマイズを可能とした「The Pump Technology(ポンプテクノロジー)」を初搭載したモデルとして話題を集め、ドイツ/ミュンヘンで開催されたISPO(インターナショナルソサエティーフォープロスセティックスアンドオーソティックス)にて初披露され、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず、Time(タイム)やUSA Today(ユーエスエートゥデイ)等、様々なメディアで紹介され大きな反響を呼びました。

その後も同テクノロジーは他のカテゴリーに拡大しながら進化を続け、1994年にリリースされた「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年の「Instapump Fury(前期型)」発売以降、約一年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施して再リリースされた「Instapump Fury(後期型)」は様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時にはハイテクスニーカーブームと呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また、2008年以降も「Instapump Fury」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。

2014年には生誕20th Anniversary(20周年)を迎え、1994年リリースの「Instapump Fury(前期型)」を可能な限り忠実に再現しながらファーストカラーである通称"Citron(シトロン)"を採用し「Instapump Fury OG(インスタポンプフューリーオリジナル)」として完全復刻。

2015年には「Zpump Fusion(ジーポンプフュージョン)」、2016年にはパフォーマンスシューズとして進化を遂げた「Pump Supreme Engine(ポンプシュプリームエンジン)」がリリースされる等、様々なプロダクトに搭載されて来た「The Pump Technology」は時代と共に進化を遂げながら「Reebok」を象徴するテクノロジーとして認知。

そして2019年に迎えた生誕25th Anniversary(25周年)には、幻とされていた「Instapump Fury Proto 94(インスタポンプフューリープロト94)」や、オリジナルカラーがリリースされ即完売となりました。

そんな「Instapump Fury」のアイデンティティを受け継ぎながら進化し、2001年に誕生した「Fury Millennium(フューリーミレニアム)」がモデル名を変更し「Fury DMX TXT(フューリーディーエムエックスティーエックスティー)」の名で復刻リリース決定。

1980年代後半に革新的な商品を開発する為に「Reebok」で立ち上げられた「ATG(アドバンスドテクノロジーグループ)」は、1991年に中核を担う事になるフットウェアデザイナー「Steven Smith(スティーブンスミス)」氏を招聘し、名称を「RAC(リーボックアドバンスドコンセプツ)」と改めて"世の中に存在しないデザインを生み出す"と言う野心的なコンセプトを掲げながら数々のエポックメイキングを輩出。

その中でも「機能性」を重視したモデルが数多くリリースされていた90年代に発表された「Instapump Fury」は、斬新な「デザイン性」と「機能性」を兼備するイノベーティブなプロダクトで当時のスニーカーシーンに衝撃を与えました。

また"スピード感から着想を得て炎に包まれているシューズの姿"を表現したファーストカラーの"Citron"は、当初「Reebok」内でカラーリングが奇抜過ぎると言う理由から販売が見送られる予定でしたが「Steven Smith」氏が当時のCEO(最高経営責任者)に直談判し販売に至ったと言う逸話が残されています。

その後も革新的な音楽を生み出す事で知られる「Bjork(ビョーク)」氏が、自身の楽曲であるArmy Of Me(アーミーオブミー)のプロモーションビデオで着用し、カルチャー誌のCut(カット)で表紙を飾った際にも同モデルを中心に計算されたコーディネートを魅せる等、その先鋭的な「デザイン性」で様々なジャンルのキーパーソンを魅了し、現在でも90年代を象徴するアイコンモデルとして世界中のスニーカーフリークやファッションフリークから絶大な支持を受けるマスターピースです。

そんな「Instapump Fury」を継承進化させた「Fury Millennium」は「The Pump Technology」を「アッパー」に採用しながら、1997年にリリースされた「DMX Run 10(ディーエムエックスラン10)」に採用された「Dmx Moving Air Technology(ディーエムエックスムービングエアテクノロジー)」を搭載する等、アイコニックな二つのテクノロジーを融合したプロダクトとして大きな話題を集めました。

今作は、2001年にリリースされたオリジナルモデルを可能な限り忠実に再現しながらカラーリングにはファーストカラーを使用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

「The Pump Technology」等、各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを継承する傑作「Instapump Fury」から進化を遂げた「Fury DMX TXT」。

進化の歴史を継承しながら、新たな「可能性」を提示する今プロダクトをアニバーサリーイヤーのこの機会に体感して見ては如何でしょうか。

FURY DMX TXT

通常価格¥ 20000(税抜)

販売価格 ¥ 12,800 (税抜)

品番DV4601

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands