特集ページ
HOME アディダス adidas

SALE! "PHARRELL WILLIAMS"

アディダス adidas CRAZY BYW LVL X PW "HU COLLECTION" WHT/BLU/YEL/GRN/RED

まるで足にシューズがプリントされている様だとバスケットボールプレイヤー「Kareem Abdul Jabbar(カリームアブドゥルジャバー)」氏が絶賛した1969年誕生の「Superstar(スーパースター)」を始め、1983年にトレーニングシューズとして誕生した「Campus(キャンパス)」。

トップアスリート向けのトレーニングシューズとして何度もウェアリングテストを重ねた末、1968年にリリースされた「Gazelle(ガゼル)」そして、1962年にフットボール用トレーニングシューズとして発売された「Samba(サンバ)」。

これまでに「adidas(アディダス)」からリリースされて来たコートシューズやトレーニングシューズの名作達はスポーツシューズとしての側面だけでは無く、アメリカに端を発したヒップホップやスケートと言ったストリートカルチャーと密接にリンクする一方で、イギリスからヨーロッパ各都市でも独創的な発展を遂げながらサブカルチャーの住人達からの根強い支持を獲得。

本来の用途やフィールドとは異なる形で様々なカルチャーとクロスオーバーしながら、現在進行形のアイコンとして「adidas」の歴史に刻まれています。

そんな同ブランドより、プロデュースチーム「The Neptunes(ザネプチューンズ)」や音楽グループ「N*E*R*D(ナード)」のメンバーとして活躍し、様々なジャンルのインフルエンサーとしてその同行に注目が集まる「Pharrell Williams(ファレルウィリアムス)」氏。

そんな同氏が世界中を旅している中で目に飛び込んで来たモノを引用しながら、愛・情熱・エネルギー・カラーを通じて人々が繋がって行くと言うビジョンを表現した「HU Collection(ヒューマンコレクション)」から「Crazy BYW(クレイジーBYW)」のニューカラーがゲリラリリース決定。

1996年に高卒ルーキーとしてNBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)のドラフト指名を受け、名門Los Angels Lakers(ロサンゼルスレイカーズ)に入団。

NBAを代表する名プレイヤーとして君臨し"Black Mamba(ブラックマンバ)"の愛称で世界的に高い人気を誇るリビングレジェンド「Kobe Bryant(コービーブライアント)」氏。

Dream Team(ドリームチーム)の中心選手として参加したロンドンオリンピックでは連覇を成し遂げ、ゴールドメダル獲得の原動力となりました。

また、個人としても五度のNBAチャンピオンに輝き、シーズンMVPを一回・ファイナルMVPをニ回・歴代最多となるオールスターMVPを四回も獲得する等、様々なタイトルを奪取。

多くのファンに惜しまれつつも2016年に現役を引退しましたが、名実共にNBAを代表するスタープレイヤーとして世界中のバスケットボールファンを虜にしたシグネチャーモデルは、シリアスプレイヤーからスニーカーヘッズに至るまで大きな支持を集めています。

そんな「Kobe Bryant」氏がNBAオールスターにスターターとして初めて出場した際に着用したシグネチャーモデル「KB 8(コービーブライアント8)」。

当時の背番号8から命名され1997年にリリースされた「KB 8」は、90年代のプロダクトらしいデコラティブなシルエットと「スリーストライプス(3本線)」を大胆に配置したアイコニックなデザインを携え、並外れた跳躍力を武器にコートを駆け巡った「Kobe Bryant」氏の足元を支えるべく「クッション性」に優れた「Adiprene(アディプリーン)」を後足部に搭載し、多くのバスケットボールプレイヤーから支持を得ました。

そして2017年には90年代の"Feet You Wear(フィートユーウェア)"を継承し「KB 8」をベースにアップデートを施した「Crazy BYW」が誕生し"全てのアスリートの為に最高の1足を提供する"と言う「adidas」の信念の元、開発された「伸縮性」に優れた「アッパー」テクノロジー「Primeknit(プライムニット)」を採用しながら「ミッドソール」には「E-TPU(発泡熱可塑性ポリウレタンビーズ)」を一度発泡させてから成形すると言う新たな成型方法に着目した事で誕生し、高い「クッション性」と強烈な「反発性」によって弾む様な推進力を生み続け、過酷な環境下でも形状維持を可能とした「Boost Foam(ブーストフォーム)」を搭載。

NBAのスタープレイヤーである「Nick Young(ニックヤング)」氏や「Brandon Ingram(ブランドンイングラム)」氏が着用し大きな話題を集めました。

そんな「Crazy BYW」をベースにした今作は「ホワイト」を基調としながらも「ブルー」「イエロー」「グリーン」「レッド」を巧みに配しながら「インステップ(甲)」部に設置された「シューレースホール」には"Gratitude(感謝)"と"Empathy(共感)"の「フォント」を大胆に配置。

更に「インソール」には"足ツボ"からインスパイアされた「オリジナルグラフィック」そして「ヒール(踵)」には「adidas」のアイコンでもある「スリーストライプ」から着想を得た「ロゴマーク」を配する等「Pharrell Williams」氏ならではのディテールワークを魅せています。

「adidas」を語る上で決して欠かす事の出来無いBasketballカテゴリーの歴史を紐解きながら、最新テクノロジーを融合してブラッシュアップされた「Crazy BYW」。

そんな様々な歴史を継承しながら現代のテクノロジーで紡ぎ上げた渾身のプロダクトに「Pharrell Williams」のエッセンスを反映した今作を足元から体感して見て下さい。

CRAZY BYW LVL X PW

通常価格¥ 29000(税抜)

販売価格 ¥ 17,800 (税抜)

品番EF3500

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands