特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance M996 "made in U.S.A." "LIMITED EDITION" LRC

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたMade in U.S.A.(メイドインUSA)、Made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して"Made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したMade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

1982年当時のスニーカーとしては高価な100$(当時1$=280円)と言う価格設定や"On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した)"のキャッチコピーで高性能をアピールする広告が大きな話題となり「M.C.D(踵部安定板)」を搭載する事で価格に見合う確かなフィッティングや完成されたデザインでタウンユースとしても絶大な人気を獲得した初代「990」。

それ以降「new balance」が長年に渡り築き上げて来た普遍的な魅力と高次元のテクノロジーを注ぎ込み具現化した「99X」シリーズは同ブランドの歴史を語る上で外す事の出来無い財産と言えます。

そんな「99X」シリーズから1988年にリリースされ、国内産業の空洞化が問題視される中でアメリカ国内生産を貫き通した事でも注目を集め、シリーズの評価を不動の地位へと押し上げた傑作「996」。

「衝撃吸収性」に優れる「ENCAP(エンキャップ)」と「持続性」に長けた「C-CAP(シーキャップ)」を組み合わせる事により卓越した「クッション性」を発揮しつつ「アウトソール」には「グリップ性」の高い「ブローンラバー」を配する事で様々な条件に於いても安定感を維持。

昨今では"Revolution(革命)"から命名され、高水準の「軽量性」と「クッション性」を兼備しながら、確かな「耐久性」を誇る最新フォーム「Revlite(レブライト)」を「ミッドソール」に搭載した「MRL996」がリリースされ、2015年には「Whiz Limited(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のコラボレートモデルがリリースされる等、更なる進化を遂げています。

そんなスタンダードモデルとして不動の人気を誇る「996」のシーズナルカラーがリリース決定。

120年以上の歴史を持つアメリカ/メイン州のSkowhegan Factory(スコへーゲン工場)にて生産され、ブランドの伝統と品質を守りつつ「new balance」のクラフトマンシップを次世代に継承する今作の「アッパー」マテリアルには「Wolverine(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」と「通気性」を高める「ナイロンメッシュ」そして、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を採用。

カラーリングには深みのある「グリーン」のトーナルカラーで「アッパー」を纏め上げながら「ヒールパッチ」と「ソールユニット」に「ホワイト」を配する事で、スタンダードモデル+αとしての価値を具現化しています。

1988年のリリース以来、タイムレスな「普遍性」と実用的な「機能性」で愛用者を魅了し続ける不朽の名品「996」。

伝統を重んじながら更なる飛躍を期待させる名機をこの機会に足元から体感して見ては如何でしょうか。

M996

通常価格¥ 25000(税抜)

販売価格 ¥ 25,000 (税抜)

品番M996-LRC

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands