特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance M998 TASSIE DEVIL 「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」 SNF

1982年に"100ドル(当時1ドル=280)"と言う当時のスニーカーとしては高価な価格設定や、"On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した。)"という性能の高さをアピールした広告で大きな話題となり、「M.C.D(踵部安定板)」を搭載する事で価格に見合う確かな「フィッティング性」や「普遍性」でタウンユースモデルとしても絶大な人気を獲得した初代「990」。

それ以降、「new balance(ニューバランス)」が長年に渡り築き上げてきた「普遍性」と高次元のテクノロジーを注ぎ込み具現化した「99X」シリーズは「new balance」の歴史を語る上で外す事の出来ない財産と言えます。

そんなブランドフィロソフィを反映した「99X」シリーズの中でも1993年にリリースされ「衝撃吸収反発弾性」に特化した機能素材「ABZORB(アブゾーブ)」を「ソールユニット」に初めて搭載したイノベーションモデル「998」に、2003年から創刊され世界中のスニーカーフリークから注目を集める「オーストラリア」発のスニーカー専門誌「SNEAKER FREAKER MAGAZINE(スニーカーフリーカーマガジン)」の提案カラーがゲリラリリース決定。

編集者で創始者でもある熱狂的スニーカーフリーク「SIMON WOODY WOOD(サイモンウッディウッド)」氏が世界のスニーカーカルチャーやトレンドモデル、各国を代表する有力ショップの紹介など独自の観点で掲載するスニーカー専門誌。現在では世界30ヶ国以上で発売され、スニーカーヘッズにとってバイブル的存在として認知されている「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」は、これまでにも数多くのナショナルブランドとのコラボレーションで成功を収めて来ました。

今作は「オーストラリア」の「タスマニア島」に生息し、世界最大の肉食有袋類として"絶滅危惧種"に指定され、その気性の荒さや恐ろしい鳴き声から"悪魔"を名に冠する「TASSIE DEVIL(タジーデビル)」からインスパイアされています。

「アッパー」マテリアルには、ブーツなどで有名な「アメリカ」の「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」と、レトロランニングシューズの王道とも言える「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」を巧みに組み合わせ、クラシックな雰囲気を演出。「ブラック」をベースにした「アッパー」にパーツにより濃淡を使い分けた「パープル」を落とし込む事で、コンテンポラリーなカラーリングに仕上げています。

更に「ミッドソール」には「TASSIE DEVIL」の"牙"をモチーフにした「グラフィック」、「インソール(中敷き)」には「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」の「オリジナルロゴ」が「プリント」で落とし込まれ、「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」の独創的なコンセプトが細かな部分まで反映されています。

伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつ「new balance」のブランドフィロソフィを継承し、常に新しい試みでブレる事のない進化を続ける「998」。その歴史の重みを継承し、「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」のアイデンティティを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。

M998 TASSIE DEVIL 「SNEAKER FREAKER MAGAZINE」 SNF

通常価格¥ 14800(税抜)

販売価格¥ 14,800(税抜)

品番M998-SNF

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands