特集ページ
HOME ニューバランス new balance

LIMITED EDITION for mita sneakers

ニューバランス new balance MT580 「FINGERCROXX」 FXX

1999年より構想がスタートし2000年にリリースされ、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ")」。

そのベースモデルとして採用されている「580」は、「アメリカ」で発売されていた「585 "made in U.S.A."(585メイドインUSA)」の"日本改良品番"として誕生しました。

「576」同様にオフロード用トレイルランニングモデルである「580」は、着地面積の広いフラットな「ソール形状」が特徴的で卓越した「安定性」を齎す軽量で堅固なグラファイト素材「ROLLBAR(ライトウェイトグラファイトロールバー)」を採用する事により、足の沈み込みを防ぎ快適な履き心地を提供。

その他にも優れた「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」や「安定性」に優れた素材の中に衝撃吸収材を封入した「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わせる事で、タウンユースでも実用的な「機能性」を搭載しています。

リリースされた当初の「日本」のスニーカーシーンにおいては、ヴィンテージスニーカーを中心に「576」や「996」「1300」等のクラシックモデルに注目が集まっていた事も有り、そのポテンシャルの高さや魅力を不特定多数のコンシューマーに示す事が出来ず、日の目を見る事が出来なかった悲運の名作です。

しかし、90年代後半に入ると「東京」や「ニューヨーク」のストリートシーンでは都会的にアップデートされた"アウトドアスタイル"が徐々に広がり始め、秘かなムーブメントの足元を牽引するモデルとして徐々に活躍の場を拡げ、それまでの「new balance(ニューバランス)」には見られなかったボリュームのある特徴的なフォルムと抜群の「機能性」で、一部のファンから絶大な人気を博しました。

そして、「日本」からスタートしたコラボレーションプロダクトのリリースにより、「日本」を飛び越え「アジア」は勿論、世界のスニーカーヘッズから絶大なる支持を得るまでに成長を果たし、「new balance」を代表するモデルのひとつに昇華。

また、2010年には"10周年"を迎え「MT580 10th ANNIVERSARY(MT580 10thアニバーサリー)」と題したアニバーサリー企画を世界規模で年間に渡って展開。更に現在では、世界各国のキーアカウントショップからコラボレーションモデルが続々とリリースされ、大きな話題を呼んでいます。

そんな常に進化を続ける「580」から、「香港」のストリートブランド「FINGERCROXX(フィンガークロス)」の提案カラーがゲリラリリース決定。

同ブランドはこれまでにも「CARHARTT(カーハート)」「XLARGE(エクストララージ)」「MEDICOM TOY(メディコムトイ)」「BOUNTY HUNTER(バウンティーハンター)」等の様々なブランドとコラボレーションを実現させ、今や世界中から注目を集めています。

今作は90年代の"アウトドアウェア"からインスパイアされたカラーリングを採用し、「アッパー」全体に「ベージュ」、「シューレース」「ライニング(履き口)」「インソール(中敷き)」にはオリジナルの「カモフラージュ柄」を落とし込んでいます。

更に「アッパー」マテリアルには「アメリカ」の「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」を使用し、"アウトドアギア"として使用されるワークブーツをイメージし重厚な雰囲気を演出。

更には「デュブレ(シューレースアクセサリー)」「インソール(中敷き)」に「FINGERCROXX」の「ロゴマーク」が落とし込まれる等、コラボレーションモデルならではのディテールワークが細かな部分まで反映されています。

「new balance」をストリートに浸透させ、ショップ主導コラボレーションモデルのパイオニアとして語られ、多くのスニーカーフリークから支持を得て今もなお、進化を続ける「580」。その歴史を継承しながら「FINGERCROXX」のフィロソフィを投影した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

MT580 「FINGERCROXX」 FXX

通常価格¥ 15800(税抜)

販売価格¥ 15,800(税抜)

品番MT580-FXX

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands