特集ページ
HOME アディダス adidas

アディダス adidas ZXZ ADV 84-LAB. 「adidas Originals by 84-LAB.」 GRY/NVY/NAT

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけでは無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事でスポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える"走る"事に対する情熱は現在も冷める事無く、近年スローガンとして"IMPOSSIBLE IS NOTHING(不可能は無い)"を掲げ、「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携えプロダクトカンパニーとして常に市場をリードしています。

1984年に長距離を走行するトレイルランナー向けに「adidas」の「JACQUES CHASSAING(ジャックスチャサイング)」氏や「MARKUS THALER(マーカスターラー)」氏を中心としたデザイナーにより「ZX 500(ゼットエックス500)」が開発された事が「ZX(ゼットエックス)」シリーズの始まりとされており、「日本」のバイクメーカー「KAWASAKI(カワサキ)」が販売している「ZX」の疾走感に共鳴した事からネーミングされ、実は「日本」とも縁の深いシリーズ。

開発を重ねる毎に様々な革新的テクノロジーを注ぎ込み進化され、また適度なボリューム感に実用的な「機能性」や斬新なカラーリングの数々は「ヨーロッパ」を中心に海外だけでなく「日本」でも徐々に人気を獲得し、シリアスランナーからスニーカーヘッズまで幅広く愛される「adidas」のブランドフィロソフィを継承した名シリーズへと成長を遂げました。

また、2008年には「CONSORTIUM(コンソーシアム)」の企画として世界プロジェクト「aZX(エーゼットエックス)」を発表し、世界各国で再びフォーカスされたシリーズでもあります。

そんな「ZX」シリーズの中でも、80年代後半にリリースされ、その卓越した「機能性」だけでは無く、近未来的なデザインがシリアスランナーだけではなくファッションシーンにおいても高い評価を受け好調なセールスを記録した「ZXZ ADV(ゼットエックスゼットADV)」。

今作は、時代に順応した名作をスニーカーシーンに送り出してきた「adidas」の中でも隠れた名作として語り継がれる「ZXZ ADV」をベースモデルに採用し、「イギリス」のアパレルブランドとして高い人気を誇る「CASH CA(カシュカ)」や、ファッションシーンからライフスタイルに至るまで新しい感性を提案するコンセプトショップ「HEATHER GREY WALL(ヘザーグレーウォール)」のクリエイティブディレクターを務める等、ファッションシーンだけでは無く様々な分野においてキーパーソンとして注目を集める「倉石 一樹(クライシカズキ)」氏が、新たにディレクションを手掛ける「adidas Originals by 84-LAB.(アディダスオリジナルスバイ84ラボ)」より「ZXZ ADV 84-LAB.(ゼットエックスゼットADV84ラボ)」がゲリラリリース決定。

シーズンテーマに"RETROGRADE RESISTANCE 84-LAB.(レトログレードレジスタンス84ラボ)"を掲げた今作は、"HORSE RIDING(乗馬)" "FOOTBALL(フットボール)" "POLO(ポロ)" "HUNTING(ハンティング)"等のクラシックスポーツからインスパイアされたトラディショナルな要素に、コンテンポラリーなデザインを融合しています。

オーセンティックなカラーリングを採用した「アッパー」には、「レザー」「メッシュ」「スウェード」「スウェット生地」を巧みに配置する事で、クラシカルな雰囲気との絶妙なバランスを演出。オリジナルモデルのデザインを踏襲し名作の特徴的なフォルムを引き継ぎながらも、更なる「デザイン性」を追求しています。

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり、「adidas」が誇る普遍的な価値と新たなの魅力を融合した「ZXZ ADV 84-LAB.」は、まさにそんな言葉を具現化した1足。その歴史の重みを継承し独創的なコンセプトを反映した名機を是非、足元から体感して見て下さい。

ZXZ ADV 84-LAB. 「adidas Originals by 84-LAB.」 GRY/NVY/NAT

通常価格¥ 17000(税抜)

販売価格¥ 17,000(税抜)

品番Q20861

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands