特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICS Tiger

アシックスタイガー ASICS Tiger GEL-LYTE V "GORE-TEX" "LIMITED EDITION" PPL/ORG

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

ブランド名の由来は、紀元2世紀の初め「ローマ」の風刺作家である「DECIMUS JUNIUS JUVENALIS(デキムスユニウスユウェナリス)」が残した"健全な精神は健全な肉体に宿る"を意味するラテン語の格言"Mens Sana In Corpore Sano"とし、原典では"精神"は"Mens"で表現されていますが"躍動する精神"と言う、より動的な意味を持つ"Anima"に置き換え"Anima Sana in Corpore Sano"としてこの言葉の頭文字を取ったネーミングを社名として採用。

2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結びつける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「PATTA(パタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」でも「Colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。

その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しています。

そして、2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタートを切ります。

今回リリースされるのは、90年代初頭に発売された長距離ランナー向け超軽量シューズ「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」をアップデートし、1993年に発表された「GEL-LYTE V(ゲルライト5)」。

「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期にわたり「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上。

また、足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新機能「THE SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を更にアップデートし「シュータン」を一体成形に進化させ「伸縮性」に優れたストレッチ素材を採用した「インナーブーティー構造」を使用する事で異物の混入を防ぎながら、抜群の「フィッティング性」を提供。

当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせ、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作。

また近年では「asics」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントショップからコラボレーションモデルがリリースされる等、ストリートシーンでも脚光を浴びています。

今作は更なる進化を遂げ「アッパー」に「透湿性」や「防風性」そして「防水耐久性」に優れた「GORE-TEX(ゴアテックス)」を採用。

昨今のキーワードとなっている局地的なゲリラ豪雨や異常気象対策として徹底的に追求された実用的な「機能性」を備え、タウンユースにおいてもそのポテンシャルを体感する事が出来ます。

タウンユースモデルとしてのシルエットやカラーリングを考慮する等、コンテンポラリーなアップデートを施し「asics」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める「GEL-LYTE V」。

スポーツ分野で培った数々のエポックメイキングにコンテンポラリーな感覚をクロスオーバーさせ、懐古主義ではなく温故知新としてのアプローチを示した今作を足元から体感して見ては如何でしょうか。

GEL-LYTE V

通常価格¥ 15000(税抜)

販売価格¥ 15,000(税抜)

品番TH429Y-3310

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands