特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICS Tiger

アシックスタイガー ASICS Tiger GT-II "Squirrel" "mita sneakers" L.BRN/BRN/RED/BLU

アシックス

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

ブランド名の由来は、紀元2世紀の初め「ローマ」の風刺作家である「DECIMUS JUNIUS JUVENALIS(デキムスユニウスユウェナリス)」が残した"健全な精神は健全な肉体に宿る"を意味するラテン語の格言"Mens Sana In Corpore Sano"とし、原典では"精神"は"Mens"で表現されていますが"躍動する精神"と言う、より動的な意味を持つ"Anima"に置き換え"Anima Sana in Corpore Sano"として、この言葉の頭文字を取ったネーミングを社名に採用。

2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」でも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。

その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しています。

2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタート。

そんな大きな流れの中、これまでの「asics」ヒストリーに基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻や過去のプロダクトの再定義によってコンテンポラリーに表現される数々のアイテムを従えてリローンチを開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界規模のマンスリーコラボレーションプロジェクトがスタートし、翌年の2016年1月23日にはそのコンセプトを踏襲した「GEL-LYTE V "TRICO"(ゲルライト5トリコ)」がリリースされ即完売となる等、ストリートシーンでも更なる飛躍が期待されています。

2016年に"30th ANNIVERSARY(30周年)"を迎えた、現在進行形クッショニングテクノロジー「GEL(ゲル)」のアニバーサリーイヤーを祝うべく、時を同じく1986年に「GEL」を初搭載したプロダクトとして誕生したエポックメイキング「GT-II(ジーティー2)」をフィーチャーし、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのアニバーサリーコラボレートモデル「GT-II "Squirrel"(ジーティー2スクイレル)」がリリース決定。

1982年に欧米市場に向けた「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの最上位機種として"ランナーが自分の能力を最大限に発揮して走れる事"を提唱し、登場した「X-CALIBER GT(エクスカリバーグランツーリスモ)」のアップグレードモデルとして、1986年にリリースされた「GT-II」。

2016年に"30th ANNIVERSARY"を迎えたクッショニングテクノロジー「GEL」を初搭載した記念すべきプロダクトでもあります。

今作のコラボレートモデルは「セントラルパーク」のランニングコースに於いて、俊敏に駆け回る"Squirrel(リス)"をモチーフにしながら「ASICS Tiger」のエポックメイキングを密かに着用しているからこそ、縦横 無尽な動きが出来るのでは??と言う"架空の物語"をデザインソースに具現化。

"Squirrel"から着想を得た毛足の異なる「スウェード」や「ヘアリースウェード」を巧みに配しながら、 トーンの異なる「ブラウン」を「アッパー」や「アウトソール」にグラデーション状に配置。

「インサイド(内側)」には「ASICS Tiger」のアイコニックでスポーティーなカラーリングであるトリコロールを落とし込む事で"Squirrel"が実は「ASICS Tiger」のプロダクトを履いていると言うストーリーを体現しています。

更に脱ぎ履きを容易にする「ヒールタブ」を設置し「ライニング(履き口)」には「メモリーフォーム」を採用する事でシューズと足の一体感を高め、優れた「フィット性」を発揮する等、見えない所にもタウンユースに実用的なアップデートを加えています。

更に「シュータン」には"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する"東京改"と「mita sneakers」の拠点である"TOKYO UENO"を組み合わせた「織りネーム」を縫い付けながら「インソール(中敷き)」には「ASICS Tiger」のキーカラーと「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」と"東京改"を組み合わせた「グラフィック」を採用。

また「GEL」と「GT-II」が1986年に誕生し、2016年に"30th ANNIVERSARY"を迎えた事を意味する"EYGHTYSYXTOSYXTEEN"の「フォント(文字)」を「ミッドソール」に配する事で、その長い歴史の節目を刻み込んでいます。

「ASICS Tiger」のブランドフィロソフィを継承しながら「mita sneakers」ならではのエッセンスを紡ぎ上げた今作からコラボレーション本来の意味や意義を感じ取って見て下さい。

GT-II

通常価格¥ 12800(税抜)

販売価格¥ 12,800(税抜)

品番TQK6K3-6164

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands